エミール・ガレ 『桜文花瓶』

エミール・ガレは江戸時代の浮世絵や陶磁器に多くの影響を受けました。
後々ジャポニズムと言われる様式ですが、山水画や花、動物等をより日本的な表現方法で発表しました。
この作品は小品ですが、日本を代表する花である桜を被せガラスで表現しています。
黄色い素地にピンクの花びら、濃いえんじ色の葉の組合せはガレの得意とするところです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。