十三代今右衛門 「色絵吹墨草花文額皿」

十三代今右衛門 「色絵吹墨草花文額皿」径35.0㎝

 

十三代今右衛門は、伝統的な伊万里様式や鍋島様式を伝承しつつも、新たな技法に挑戦し、完成させたのが吹墨技法です。この技法により人間国宝(個人)の認定を受けました。

作品はベースとなる色鍋島の大皿に吹墨をほどこし、表現した十三代の代表的な大作。

 

 

lux1_btn_07

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com Blog. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。