十四代柿右衛門 「濁手葡萄文花瓶」

十四代柿右衛門 「濁手葡萄文花瓶」27.0×22.4×12.0㎝

 

十二代と十三代が復活させた濁手技法を十四代が更に進化させ、人間国宝(個人)の認定へと結びつきました。作品は現代の草花を新たなモチーフとした十四代ならではの作品。

 

 

lux1_btn_07

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

WordPress.com で無料サイトやブログを作成. テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。